カテゴリー: Reviews

【2019年9月】全米ナンバー・ワン「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」を検証する

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』を代表する踊りの場面で使われた「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」は映画製作より1年も前にすでに全米1位の座に輝いていました。多幸感、果敢なビート等この”直球のディスコ曲”の魅力を鋭く分析します。

【2020年2月】全米1位(79年6月) 「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」を検証する

全米1位の曲を代々紹介する(忖度なしに切りまくる)という力作コラムThe Number Onesにビー・ジーズの「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」(79年6月全米1位)が取り上げられました。結果的に彼ら最後の全米1位となった❝軽い❞曲の裏に働いている意外な計算とは…。

【デイリー・メール紙2021.1.8】「これぞ新年の元気づけに欲しかった一枚」-アルバムレビュー『グリーンフィールズ:ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』

英デイリー・メール紙のバリー・ギブ『グリーンフィールズ』レビュー。
●暗い話題の多い年頭に必要だったのはこれ、こんなアルバム!
●ギブ兄弟の作品が時の流れで色あせないことを証明している。

error: 記事内容は保護されています。