ビー・ジーズの新作ドキュメンタリー放映権をHBOが取得

画像はNME.comの記事より

すでにご存じの方も多いと思いますが、既報のビー・ジーズ初のオフィシャル・ドキュメンタリーの放映権をHBOが取得、年内に全米での配信を開始予定とのことです。なお、udiscovermusic.jpの関連記事によれば、日本での配信は現在のところ未定だということです。

NME.com(オンライン版2020年9月25日付)によれば、

HBOがビー・ジーズ初のドキュメンタリー『How Can You Mend A Broken Heart』の全米における放映権を取得。今冬、HBOとHBO Maxで配信が開始される。

以下、同記事から関係者のコメントをご紹介します。

フランク・マーシャル監督 「そういう人はいっぱいいますが、私もビー・ジーズの音楽をずっと愛してきました。彼らのクリエーティヴな本能のすごさ、宝物のような音楽の数々、ユーモア、そして忠誠心を知ることができて、この二年間は素晴らしい体験になりました。HBOと共同作業ができることも大変にうれしく誇りに思っています。この仕事に関われたのを名誉に思います」

ジョディ・ガーソン(ユニバーサル ミュージック パブリッシング グループ最高経営責任者)「兄弟として、スーパースターとして、そして時代を象徴するアイコニックなソングライターとしてのビー・ジーズのストーリーを物語り、その素晴らしいキャリアを、さらには彼らの音楽が世界中に与えた影響を解明するのは名誉な仕事です」

ナイジェル・シンクレア(共同制作者のひとり)「卓越した音楽的才能に恵まれた三人の兄弟が、いかにして、50年もの長きにわたって、5つの大陸で、個人を超えた”人”というものの心の奥底に触れる音楽を創り上げたのか、これはその物語です」
「兄弟、家族、創造性、エンターテイメント、喜び、そして悲劇。私たち全員がこの作品に関われたことを光栄に思っています」

日本でも早く配信・放映されると良いですね。

{Bee Gees Days}

© 2009 - 2020 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。