サマンサ・ギブの「レイルロード」

サマンサ・ギブが「レイルロード」をカバー
「レイルロード」発売50周年のタイミングで、モーリスのお嬢さんでミュージシャンのサマンサ・ギブが「レイルロード」のカバーを発表しました。購入はこちらのリンクから。Apple MusicまたはiTunesから購入可能です。

サマンサのカバーを聴いていつも良いなあと思うのは、原曲への愛情と敬意を感じさせつつ、必ず曲を自分のものにしているところです。この曲も明るくたおやかで、サマンサらしい。華やかなオーケストレーションをバックにクール&飄々と歌っていたモーリスに比べ、「自宅待機」の時代とあってシンプルな構成のカバーですが、それがまた良い雰囲気です。

と、いうわけで、このところ頭の中は「レイルロード」まつりの最中です。この歌の主人公は「家に帰っていく」ところなんですよね。Stay Homeの時代にぴったりの歌といえるかもしれません。

サマンサがもうひとつ送ってくれたのはこのYouTubeのリンク。

ビデオは現在まだ製作中だということで、こちらの希望としてはお父さん譲りで身のこなしのきれいなサマンサがギターをかついで線路を歩いているところなんかどうでしょ、と思っているのですが、まず線路内での撮影は許可がめんどくさい(でしょうね!)こと、それに今は屋内にとどまるべき、ということもあって、いろいろ難航している模様です。とりあえずこれはモーリスのビデオに合わせた「導入篇ビデオ」だとうことです。

というわけで製作中だというビデオも楽しみですね! スペンサーと組んだThe Ghost Twinsの作品も発表が近いようです。

{Bee Gees Days}

© 2009 - 2021 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。