<みずほ>の新しいCMソングはビー・ジーズのあの歌です!

あの独特のオープニングのピアノの音ですぐにわかりますね! といえば、まだこのCMを聴いてないかたでもピーンとくるはず。

そう、曲は「スピックス・アンド・スペックス」です。残念ながらビー・ジーズ自身が歌うヴァージョンではなく、アレンジは映画『小さな恋のメロディ』で子どもたちの群れの躍動感をあらわすのに使われたインストゥルメンタル・ヴァージョンに近い感じです。

この曲、けっこう暗い歌詞(ビー・ジーズの歌詞は概して暗い)ですが、彼らにとって「傷心の日々」で歌われている”若くてこの世の中に悲しみがあることさえ知らなかった”時代、少年だった彼らのオーストラリア時代の作品なので、なんともいえない輝きと躍動感に満ちています。

本人たちのヴァージョンはこちら。彼らの初期のステージのクロージング・ソングでもありました。

{Bee Gees Days}

© 2009 - 2023 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。