「若葉のころ」はぼくの歌!(バリー夫妻と愛犬)

バリー夫妻と愛犬バーナビー
バリー夫妻と愛犬バーナビー

今年の春はとにかくロビンの病気が心配で心配で…ふと気づくと「若葉のころ」(五月一日)が過ぎていた…というファンの方も多いのではないでしょうか。

なぜなんて聞かないで
ぼくたちの上を時は過ぎていった

という一節が今年はいっそう心に沁みとおります。

そんなわけで今日は「クリスマスツリーが大きく見えたあのころ」のバリー夫妻と愛犬バーナビーの写真を取り上げてみました。

ご存じの通り、「若葉のころ」の原題である「五月一日」はバーナビ―がバリー家にもらわれて来た日(=彼の誕生日)、つまりこの曲は彼のための曲なのですね。

犬派、猫派といいますが、どうもギブ兄弟は犬派のようです。1989年のOne For Allツアーで来日したときに、リンダ夫人は当時飼っていた秋田犬の写真を肌身離さず持ち歩いていたとか。入院中のロビンも現在アイリッシュウルフハウンドを2匹飼っており、早く退院して庭で犬と遊びたいと心待ちにしているそうです。その日が一日も早く来ることを祈って…。

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。