【1979年7月】トラボルタが飛び入りしたビー・ジーズのテキサス公演

ビルボード誌1979年7月21日号より

1979年夏に実施されたビー・ジーズの全米ツアー、いわゆるスピリッツ・ツアーのヒューストン公演(1979年6月30日)についての短信です。当時のビルボード誌(1979年7月21日号)に掲載されました。

サプライズ出演 - ヒューストンで映画を撮影中のジョン・トラボルタが、サミット・スポーツ・アリーナで行われたビー・ジーズのヒューストン公演で「You Should Be Dancing」に飛び入りした。

これはさぞ盛り上がったことでしょう!

このときのバックステージでの写真がBee Geesのオフィシャル・ツイッター(2020年7月16日付)で公開されています。

ちなみにこの週のビルボードのチャートでは「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」が47位でした。チャート入りして14週、前週は29位です。1位はドナ・サマーの「Bad Girls」です。サマーは「Hot Stuff」も3位に送りこんでいて、1979年夏のチャートがいわゆるディスコに席巻されていたことがわかります。ついでに書くとピンクレディーの「キッス・イン・ザ・ダーク」が40位上昇中です。

アルバム・チャートもドナ・サマーの『Bad Girls』がトップ。ビー・ジーズのアルバム『Spirits Having Flown(失われた愛の世界)』は23週目で前週の25位から34位にランクダウン。『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックは87週目にして前週の130位からなんと!赤丸上昇中で120位です。この再上昇はビー・ジーズの全米ツアーがスタートしたためでしょう。(余談ながら、つい書いちゃうとボブ・ディランの2枚組武道館ライヴが11週目で75位です♪)

{Bee Gees Days}

おすすめ