ロビン・ギブ『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』レビュー紹介

『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』

英米での発売からそろそろ1週間。素晴らしいレビューが続々と登場していますので、その一部をご紹介します。

ミュージック・レビュー紙: 最後のアルバムで輝くロビン・ギブ  – 『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』ではロビン・ギブのボーカルが持つ胸が痛くなるほどの繊細さがますますせつなく感じられる… ミッドテンポが多いアルバムの曲のほとんどが死によっても変わることのない思いや愛情を歌ったもの…一日一日を大事に生きることの大切さを教えてくれるアルバムだ。もうそれがかなわなくなってしまった人が、その熟達した手で仕上げた作品を通して、それをそっと教えてくれる" (記事全文はこちらです)

ニューズマックス: ニューアルバムに生き続けるロビン・ギブ – "ロビン・ギブ…彼の音楽は生き続けている…" (記事全文はこちらです)

WebProNews: ビージーズ兄弟が歩んだ道を振り返る、ロビン・ギブ最後のアルバム–  『フィフティ・セント・キャサリンズ・ドライヴ』は、ロビンと兄のバリー、弟のモーリスとの間の愛、三人がビージーズとしての長い栄光のキャリアの中で作り上げた音楽について語るアルバム。(記事全文はこちらです)

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。