【追悼】ジンジャー・ベイカー

ジンジャー・ベイカー(ブラインド・フェイス)も出演したビー・ジーズのテレビ・コメディ『キューカンバー・キャッスル』(1970年)

クリーム、ブラインド・フェイス等のバンドで活躍したドラマーのジンジャー・ベイカーさんが80歳で亡くなられたそうです。ご冥福をお祈りいたします。

クリームとビー・ジーズは同じロバート・スティグウッドをマネージャーにいただいていたために交流があり、ブラインド・フェイスはバリーとモーリスのふたりだけだった時代のビー・ジーズのテレビ映画『キューカンバー・キャッスル』にもゲスト出演しています。(43分あたりからブラインド・フェイスのライヴ映像が見られます)

マネージャーだったR.スティグウッドと一緒の
ビー・ジーズとクリームのメンバー(後列右端がG.ベイカー)

a=

クリームとビー・ジーズがコペンハーゲン(デンマーク)のホテルのロビーで顔を合わせている右の写真は1968年2月に撮られたものの1枚だということですが、ふたごのロビンとモーリスが18歳、バリーが21歳。ステイグウッドでさえ、かなり若い印象ですが、西部劇のガンマンみたいな風格があるジンジャー・ベイカーの存在感はさすがですね。

ジャック・ブルースは2014年に逝去していますから、ここに写っている9人のうち5人がすでに故人となりました。悲しいニュースが多い今日このごろです。

{Bee Gees Days}

 

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。