交通安全にも「ステイン・アライヴ」


こりゃまた、かわいい~!

Stayin’ Aliveはなんというか、とても汎用性の高い曲で、軍隊の行進から、手洗いまでいろんな場面にマッチしてしまいます。これは「道を渡るときには必ずいったん停まって左右を見てから渡りましょう」という交通安全キャンペーンのビデオだそうです。1999年に製作されて、イギリスで放送されていたとか。

ちなみにハリネズミ(ヘッジホッグ)はイギリスにたくさんいて、イギリス人にとってはとても親しい動物。よく道路で車にひかれている姿を見かけるとイギリス人の友だちに聞いたことがあります。そういえば、昔ロビンが飼っていた愛犬がその名もヘッジホッグでしたね。

作者のクリス・シェファードさんがTwitter(2018年7月30日付)でコメントしています。「ビー・ジーズは快くこの曲の使用を許可してくれた」

I said I would show some early Chris stuff. Here’s a commercial I directed in 1999 for the COI and Darcys. It’s road safety Hedgehogs singing @BeeGees Staying Alive. The BeeGees were nice and gave there permission to use the song. https://t.co/E5azfx3P40

— chris shepherd (@chris__shepherd) July 30, 2018

「ちゃんと一旦停止して、左右を見てから、渡ってね。田舎でも、都会でも、これならステイン・アライヴ(死にましぇーん)だよ~♪」

{Bee Gees Days}

おすすめ