【2020年7月】RJ・ギブ「父ロビンの役はラミ・マレックに」

ロビンとラミ・マレック(右)(画像はSmoothradio.comの記事より)

少し古いニュースになってしまいましたが、Smoothradio.com(2020年7月7日付)、Mirror紙(2020年7月3日付)等が報じたところによれば、ロビン家のRJ・ギブが、企画が進行中のビー・ジーズの伝記映画で彼の父親ロビンの役には映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリー役を好演した「ラミ・マレックがふさわしいと思っている」と語ったということです。

RJは映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見てマレックが「『マサチューセッツ』を歌ったころ(1967年)の父に似ている」と思ったそうです。また、映画については「単なる成功物語ではなく、欠点も含めて、真実の物語であってほしい」と思っているとか。

もっとも上記の記事が出た後、RJは自身のFacebookYouTubeのインタビューで、「マスコミがまるで決定事項のように書き立てたが、自分としては単に希望というか、意見を言っただけで、ラミ・マレックと出演交渉が進んでいるというような事実はない」と説明しています。
なお、バリー役には既報の通り、ブラッドリー・クーパーが交渉を受けているようです。

{Bee Gees Days}

おすすめ