売りに出されたかつてのロビン・ギブ邸

売りに出されたかつてのロビン・ギブ邸 (eliteagent.comより)

最近、不動産関連のニュースに何度も登場している通り、ロビンが70年代末から80年代にかけて住んでいたロングアイランドの邸宅が売りに出されています。その後、何度か持ち主が変わっていますし、ロビンが住んでいたのはそれほど長い期間ではありません。けれども歴代のオーナー中でも一番一般に名前を知られたオーナーだったためでしょう、この物件(ケンジョッケティ)はこれまで何度か売りに出ていますが、そのたびに「ビー・ジーズのメンバーだったロビン・ギブがかつて住んでいた」と紹介されます。たぶん、それで屋敷に「箔」がつくのでしょう。

上記の写真は優良物件を紹介するeliteagent.com(オンライン版2021年4月1日付)より。記事のタイトルは、ビー・ジーズの大ヒットにちなんで、「How Deep Is Your Pocket」。あなたの懐にはどのぐらい余裕がありますか、とでも訳しますか。

ロビンが住んでいた当時より、だいぶ改装されているそうですが、たくさん写真が公開されていますので、雰囲気を楽しみたいかたは以下のサイトなどをご覧ください。

Realtor.com(オンライン版2021年2月12日付)

Homes And Gardens

この物件、画像にもあるように、屋敷の内部だけでなく、ロングアイランド湾に面したプライベートな海岸線が魅力で、海に張り出した桟橋などが良い感じ。ドローンを使って撮影したと思われる動画も公開されています(YouTube)。とにかく健康マニアで「散歩は一日1時間」と決めていたロビン。ツアー中などでホテルに缶詰めになっている際には「時間を決めて部屋の中をぐるぐる歩く」と教えてくれた時には思わず笑ってしまいました(ロビン、あの時は笑ってごめんなさい~)。でも最近の脳科学でも「歩くと良いアイディアが浮かぶ」という説が裏付けられていますから、「散歩しているときに一番曲想が浮かぶ」と発言していたロビンは、この広々とした海岸線を歩きながら海風に吹かれて名曲を生み出していたのかもしれません。最近のインタビューでもバリーが「ロビンが(ニューヨークの)港のツアーの最中に『マサチューセッツ』の曲想を思いついた」と発言したばかりですね。

{Bee Gees Days}

 

© 2009 - 2021 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。