カテゴリー: Songs

訳詞コーナー:『ターニング・タイド』

「ぼくたちの船はいま…」 前々回に訳詞コーナーでとりあげた『想い出を胸に』と同じく、ビージーズがバリーとモーリスの二人組だった時代に発表された1969年のアルバム...

訳詞コーナー:「ワーズ」

ご存じ、ビージーズ、1968年のヒット。『マサチューセッツ』『ホリデイ』『ワールド』と立て続けに連発された黄金の第一期(5人組時代)を代表するヒットのひとつです。

訳詞コーナー: 「想い出を胸に」

「想い出を胸に」はロビンがソロとしてグループを離れていた時代のビージーズの曲。この曲はいかにもバリーらしい、どこまでもロマンチックな失われた愛の歌です。

訳詞コーナー: 「ティンバー」

オーストラリア時代の若き(小さいともいう)ビージーズの「三つのキッス」に続く二枚目のシングル「ティンバー」。アップテンポでひたすら元気。言葉遊びが愉快なタイトルといい、いつ聞いても楽しくなる、初々しい元気がもらえるナンバーです。

訳詞コーナー:「キルバーン・タワーズ」

「ファースト」「ホリゾンタル」に続く3枚目のアルバム「アイディア」に収められた「キルバーン・タワーズ」。とにかく爽やかで、涼しい風に吹かれるような曲で、ビージーズといえばディスコと思っているような人(まさかいないとは思いますが)にはぜひ聞いていただきたいです。

error: 記事内容は保護されています。