ビージーズ、グラミー賞生涯業績賞を受賞

ビージーズ(1975年)

<クリックすると画像が拡大されます>

ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NME)紙(オンライン版2014年12月18日付)等が報じたところによると、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーが今年度の生涯業績賞(ライフタイム・アチーヴメント・アワード)受賞者を発表。ビージーズ、ジョージ・ハリスンなどが選出されました。

授賞式は来年の2月7日に行われ、翌8日のグラミー賞でも発表が行われるということです。ロビンとモーリスやジョージ・ハリスンとともに死後受賞ということになりますが、ふたりとも誕生日直前のこのニュースをきっと喜んでくれていることでしょう。 

レコーディング・アカデミーのニール・ポートノウCEOによれば、今年は「文化と歴史に大きく貢献した破格のクリエーターたち」を称える結果となったと述べ、ビージーズをはじめとする受賞者たちの「並ぶもののない作品群と時代を超越した伝統はこれからも世代を超えて愛されていくことだろう」と語っています。まさに同感です。

ビージーズはモーリスが亡くなった直後の2003年2月にはグラミー賞レジェンド・アワードを受賞しています。

© 2009 - 2021 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。