バリーとマイケル・ジャクソンの「All In Your Name」フルバージョン

曲作り中のバリーとマイケル・ジャクソン(2002年12月)

各地で梅雨明けの報が聞かれ、大変に暑い毎日ですが、みなさん、お元気でお過ごしでしょうか。

パソコンのトラブルなどがあり、更新できずにいるうちに最新ニュースがどんどん古くなってしまいました(平身低頭)。

これから数日の間にがんばっていろいろとご報告していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

まずなんといってもビッグニュースは、バリーとマイケル・ジャクソンのコラボレーションがとうとうその全貌を現したことでしょうか。バリーのオフィシャルサイトのショップでたったの(!)1.15ドルでMP3ファイルをダウンロードすることができるようになりました。
なお、ダウンロードについては一部で問題があったようですが、サイト側も調整中だということです。

またバリーのYouTubeチャンネルでは、バリーとマイケル・ジャクソンが曲作りをしているところの映像も一部公開されています。ちょうど「And you stand up and you say "No"(立ち上がって”ノー”と言おう)」というあたりを練っているところのようで、この曲がもともとは米軍のイラク進攻に反対するために作られたことを思い出させられます。正式な歌詞は版権問題がクリアされ次第、バリーのサイトで発表されるということですので、それも楽しみですね。

 

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。