【1975年8月】モーリス・ギブ婚約(デイリー・メール紙)

モーリスの婚約を報じる1975年8月9日付Daily Mail紙

モーリスの婚約を報じる1975年の今日8月9日付けの記事をご紹介します。

ルルと結婚していたころは、お互いのマネージャーを通して会う約束をするありさまだった

昨日、ビー・ジーズのモーリス・ギブは、ルルとの破局はショービジネスにつきもののプレッシャーが原因だったと語った。

そのモーリスは、先日、イヴォンヌ・スペンスリーさんという24歳の一般人女性と結婚予定だと発表したばかり。

1969年にルルと結婚したモーリスは現在25歳。「ふたりとも若すぎて、結婚生活をうまく成り立たせるだけの人生経験がなかったんだと思う」

くつろげる関係

「ルルは仕事があるから、ぼくのツアーには同行できなかった。で、ぼくがオフのときには彼女が忙しかった。

結婚しているのに、お互いのマネージャーを通して会う約束をするありさまだった。イヴォンヌと一緒のときにはとてもくつろいで、ゆったりした気持ちになれる。イヴォンヌといるときには素のぼくでいられて、スターらしくふるまったりしなくていい。

ルーとぼくは、いつもスターらしくしなくちゃ、っていうのがあった。『いつもちゃんとしたかっこうをしていてね。急に誰が来るかわからないでしょ』ってね。

一度なんか、ルーがテレビショーの仕事のあと帰ってきたら、ぼくが部屋で上半身裸で『Match of the Day』を見ていたからってけんかになったこともある」

結婚4年にして、もう関係の修復は無理だとルルが離婚を申し立てた。

先週、ロンドンのハイゲートに共有していた88,000ポンド相当の邸宅の売却について話し合うために、モーリスは2年ぶりにルルと会った。

「大げんかになるんじゃないかと思っていたんだけど、楽しかったよ。

座っておしゃべりして、紅茶を3杯も飲んで、いい感じだった。ルーとはいまでもいい友だちでいられることがわかって、うれしい」

ルルとの離婚は今月中には成立する予定だ。イヴォンヌさんに500ポンドのルビーとダイヤの婚約指環を贈ったモーリスは、10月にマン島ダグラスの役所で結婚する予定だという。

ビー・ジーズがヨークシャーのバトレイのナイトクラブに出演していたときに、ふたりは出会った。イヴォンヌさんはそこでステーキ担当のウェイトレスとして働いていたのだ。

今でも友だち

「一緒に住むようになって18カ月になる。ぼくが自由の身になったら結婚しようって、ずっと言ってたんだ」

ふたりの新居はモーリスがダグラスに購入したばかりの12,000ポンドのタウンハウス。イヴォンヌさんは、「早く子どもが欲しい」と思っているそうだ。

ルルは「ふたりともうんと幸せになってほしい。モーリスとわたしは今でもいい友だちで、これからもそれは変わらない」と語っている。

と、いわゆるタブロイド紙の婚約記事をご紹介しましたが、タブロイド紙独特の観点というか、どこにも金額がつきまとうのが面白いような面白くないような…。イヴォンヌさんの笑顔がお美しい。

ここで売りに出した家というのは、既報のこの家でしょう。

『Match of the Day』はBBCのテレビ番組で、日本風にいうと『サッカーー今日のハイライト』といった感じでしょうか。しかし自宅で深夜テレビを観ているときもドレスアップしていなくてはならない、というのは確かに大変そうではあります。

{Bee Gees Days}

© 2009 - 2020 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。