ベイシーズのライブ続報

先日、やまちゃんレポーターがお届けしたベイシーズのライブ報告ですが、今回の”続報”では「秘密特派員(Secret Agent)」のオーディエンス録音を、ベイシーズご本人たちのご好意もあってごくごく一部だけ聞いていただけるようになりました。

版権に抵触しない範囲&臨場感豊か(うるさいともいう…)すぎないように、ほんとに一部だけなのですが…。 

Let There Be Love 

I’ve Gotta Get A Message To You

え? これだけかって? そうなんです。すっ、すみません。神出鬼没の名レポーターによるオーディエンス録音なので、これ以降はさらに臨場感豊か(うるさいともいう…)でございまして…。でもでも噂のベース音やスリーパートハーモニーの片鱗をお伝えできれば、と思います。

ベイシーズのみなさんからは次のようなコメントをいただきました。

たった3名+1名のスケジュールもやはり社会人、なかなか練習する時間を合わせるのが大変で、3人全員揃ったのは3月からたった3回、2人ずつだけの練習が2回で、殆ど各人の自主連でこなしました。従って、取り敢えずという感は否めませんので、宜しくお含み置き下さい。一方で、この少ない回数で、よくここまでハモれたという感じもあるので、手ごたえ自体は十分でした。

次の出演情報がほんとに楽しみなベイシーズですね。それぞれにリードをとるメンバーが集まっただけあって厚みのあるハーモニーはさすがです!「Let There Be Love」なんか後ろにロビンの声が聞こえるような気がしてしまいます。

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。