ロビン・ギブ、ロンドンで除幕式に出席

サー・ノーマン・ウィズダムのための除幕式に出席したロビン(2011年3月6日)
サー・ノーマン・ウィズダムのための除幕式に出席したロビン(2011年3月6日)

3月6日(日)、ロビンは文化団体Heritage Foundationの名誉会長としてロンドンで行われたサー・ノーマン・ウィズダムのためのブループラーク除幕式に出席しました。

写真は除幕後、ウィズダムの生家前でウィズダムの家族や関係者と一緒に笑顔を見せるロビン。この後、マリオットホテルに場所を移してランチ会食が行われました。 

昨年10月に95歳で亡くなったサー・ノーマン・ウィズダムは英国の超大物コメディアン。チャップリンもウィズダムのファンだったそうです。晩年はマン島に住んでいましたのでギブ一家とも親交があり、昨年の7月にバリーとロビンがマン島の名誉島民の称号を受けた際にもウィズダムと会っています。

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。