ブルース・スプリングスティーンが選んだビー・ジーズの曲は

NJARTS.net(オンライン版2020年4月24日付)が伝えたところによれば、ブルース・スプリングスティーンが4月24日にSiriusxm.comのゲストDJを務め、約1時間半の番組の中で、ボブ・ディラン、ジミー・クリフ等彼のお気に入りの曲をかけました。その中にはもちろんビー・ジーズの曲も

スプリングスティーンが選んだ曲は「ステイン・アライヴ」

「次にかける曲には説明の必要もないだろう。さあ、みんなソファを押して、椅子を移動して、居間に踊れるスペースを作ってくれよ」

というコメント付きでした。

スプリングスティーンは2014年2月にビー・ジーズ第二の故郷ブリスベーン(オーストラリア)で公演したときにもビー・ジーズに敬意を表してステージで「ステイン・アライヴ」を披露しています(リンクはこちら)。これに返礼する形でバリーもミソロジー・ツアーのアメリカ公演のステージではスプリングスティーンの「アイム・オン・ファイア」を歌いました。

ここではYouTubeにアップされているコンコード公演(2014年5月31日)でのバリーをご紹介します。

{Bee Gees Days}

 

こちらもどうぞ