バリー&スティーヴン・ギブ、ストリーム・エイドに出演


今朝3月29日朝、予定の8時5分より少し遅れて画面に登場したバリーとスティーヴン・ギブ「ステイン・アライヴ」「傷心の日々」「ワーズ」の3曲をアコースティック2本で演奏しました。

「みなさん、どこにも出かけないで家にいてくださいね。僕も家にいます」とバリーがあいさつ。このメディアはTwitch TV(トウィッチ・テレビ)というのですが、バリーがあいさつの中で「トゥイッチ」を「スティッチ」と言い間違えるとスティーヴンが思わず笑ってバリーがちょっとてれながら「トゥイッチ」と言い直したり、ふたりとも終始リラックスして良い感じでしたね。スティーヴンはいつもながら尊敬の念をこめてあたたかくサポートしている感じがとっても好印象!

ファルセットを使わない「ステイン・アライヴ」はあたたかい余裕を感じさせました。演奏者の力量と曲本来の幅の広さと素晴らしさを改めて感じました。3曲とも納得の選曲です。いかにもバリーらしい!

また募金のためのリンクこちらです。ご協力をよろしくお願いします。

それからスティーヴンが途中で、「Twitchのバリー・ギブ・チャンネルを見てください。これからも演奏などを発表します」と発言しましたが、Twitchのバリー・ギブ・オフィシャルのリンクこちらです。現在ビデオ・セクションには今朝のライヴのリハーサル風景などがあがっていますので、ご覧になってください。登録してBarry Gibb Officialをフォローすると次回のオンライン・ライヴの連絡が登録したアドレス宛てに届きます。

これからはひょっとしてこのメディアでMythologyツアーの時のように意外な曲も披露してくれるのかもしれません。ニュー・アルバムの発表も近いようですし、暗いニュースが多い昨今、嬉しくなってきました!

{Bee Gees Days}

こちらもどうぞ