バリー・ギブ新作『Greenfields』日本盤はボーナストラック2曲入り全14曲

5人組ビー・ジーズ(1968)

あまりに多忙でまるまる1ヵ月更新ができませんでしたが、お手伝いしていたアルバム『グリーンフィールズ : ザ・ギブ・ブラザーズ・ソングブック Vol. 1』の仕事も一段落が近づくなど、ようやく少し時間がとれるようになってきました。新着情報も山のようにたまってしまいましたので、これから頑張って更新していきたいと思います。

まず、もうご存じのように、日本盤『Greenfields』にはボーナストラック2曲が追加され、全14曲となりました。この2曲とはアルバム『ホリゾンタル』に入っていた「ウィズ・ザ・サン・イン・マイ・アイズ」と映画『小さな恋のメロディ』のオープニング曲としても使われた「モーニング・オブ・マイ・ライフ(イン・ザ・モーニング)」で、どちらもバリー・オンリーのバージョンとなります。

この2曲は、米国のTarget (CDビニール盤)とChain Stores各店舗で取り扱う限定盤(米国外の住所には発送不可)と日本盤(輸出禁止商品)だけに入っています。

上記の写真は「獄中の手紙」時代のビー・ジーズ。(この曲が『グリーンフィールズ』の1曲目でゲスト・ミュージシャンはキース・アーバンです)

{Bee Gees Days}

 

© 2009 - 2021 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。