ロビン・ギブのワルシャワ公演

ワルシャワ公演で「ニューヨーク炭鉱の悲劇」を歌うロビン(2011年5月29日)

2011年5月29日(日)、ロビン・ギブはワルシャワのコングレス・ホール(Sala Kongresowa)で病気から復帰後の初めてのフルコンサートを行いました。

ロビンは当日29日の午後、ロンドンから飛行機でワルシャワ入り。約2,800人の聴衆を前にオープニングの「You Win Again」をはじめ、「I Started A Joke」などをうたって復活ぶりを示しました。 

YouTubeにはこの日のコンサートからこの他に次のような曲がアップされています(しかし便利な時代になったものです)。

Stayin’ Alive    Words    Night Fever    How Deep Is Your Love

ダブルのジャケットにブルーのタイのロビンは相変わらずの細さながら元気そうで、いつもの通り、聴衆に「次回はバリーと一緒に来ます!」と約束したということであります。

© 2009 - 2022 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。