「ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ~グラミー・スペシャル」が全米で放送されました

2017年4月16日午後8時(現地時間)からCBSネットで全米放送された「ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ~グラミー・スペシャル」は大好評だったようです。

締めくくりはやはりバリー、曲は「Jive Talkin’」「You Should Be Dancing」「Stayin’ Alive」だった模様。 

「やっぱりバリーだ!」とスタンディング・オーベーションを送る観客。

真情あふれるパフォーマンスのあと、バリーをハグするセリーヌ・ディオン。彼女自身、最近夫君を亡くされたばかりで、「さよならは言わない」と歌う「イモータリティ」をロビンとモーリス、それに亡き夫君に捧げました。セリーヌは「日々、ますますわたしにとって意味を増す曲」と「イモータリティ」に寄せる思いを語っています。

 「今晩はこれで終わりですが、ナイト・フィーバーは燃え続けます!おやすみなさい」と、白い上着姿で空を指すフィーバーのポーズも再現して見せたジョン・トラボルタが、宴を締めくくりました。

日本での放送は、これまでの実績からWOWOWが期待されるのですが、さて? ぜひぜひ見たいものですね。

収録に際しての各アーティストの映像はこちらのリンクにまとめてあります。

個人的にはキース・アーバンとジョン・レジェンドのパフォーマンスが楽しみです♪

{Bee Gees Days}

© 2009 - 2023 Bee Gees Days. 当サイト記事の引用・転載にあたっては出典(リンク)を記載してください。

おすすめ

error: 記事内容は保護されています。